地域

隠岐に行ったら食べたい『隠岐そば』は10割そばの郷土料理!

隠岐そば

ユウトです。

ボクは島が大好き。

だって閉まって魅力的なんだもの。

将来は必ず奄美にもう一つ住まいを作るぞ(願望)

 

さて、だいぶ前ですがボクは島根県の離島、隠岐を訪れました。

隠岐は隠岐諸島、隠岐島とも呼ばれ、4つの有人島があります。
それぞれ、

  1. 西ノ島(にしのしま)
  2. 中ノ島(なかのしま)
  3. 知夫里島(ちぶりじま)
  4. 道後(どうご)

です。

また隠岐諸島は2グループに分けられ、
西ノ島、中ノ島、知夫里島の3島で島前(どうぜん)、
道後の1島で島後(どうご)と分けます。

この隠岐諸島の中でも、特に中心的な位置となっているのが
道後。

ボクは島後、隠岐の島町を訪れました。

 

隠岐の郷土料理『隠岐そば』

道後に到着した船 隠岐諸島の地図

隠岐の島町に上陸したボクはお腹が減ってました。

そして旅に来たとなれば、その空腹を満たすのは
郷土の料理が一番!

隠岐の料理に何かあるかな~と調べて、ヒット。

『隠岐そば』というのがあるのです。

じゃあさっそく、隠岐そばを食べられるお店に行くぞ~!

ということで、土地らのお店『お食事処 味乃蔵』にお邪魔。

入店して、さっそく注文。店主、頼んます。

隠岐そば

隠岐そばと言いながらご飯月のセットを注文してました。
だってお腹減ったのだもの。

まあでも、とにかく空腹! いただきます!

 

隠岐そばは10割そば

食べてみて驚いたのは、麺が切れやすいこと。

普通そばは箸で持ってもそんなに切れませんよね?
あと、一本が長い。

でも隠岐そばは、箸で持つとぷつんと切れる麺が多い。

また、汁の中に沈んでいる麺にも、短く切れているものが多かったです。

なんでだろな~と思って後になってから調べてみたら、
隠岐そばって麺を100%蕎麦で作っているみたいです。

そばはつなぎに小麦粉などを使うと麺が切れにくくなったり、
のど越しが良くなったりします。

大抵のそばにはつなぎが使われているけれど、
それはそば粉をケチっているわけではありません。

意味があって入れているわけです。

逆に100%蕎麦をつかったそばは、ぼそぼそで麺が切れやすいです。

だから隠岐そばの麺はそんな特徴があったのです。

 

まとめ

というわけで、隠岐そばでした。

隠岐って蕎麦を栽培してきた歴史があるんでしょうか?

それとも出雲の出雲そばの影響とかを受けて、
隠岐でも作られるようになったとか?

どんな歴史で隠岐そばが郷土料理として生まれたのか
なかなか気になるところです。

あなたも隠岐を訪れたら、ぜひとも一杯、すすってみて。

 

ではまた。