レビュー

香る緑麺!スーパーフードが入った『モリンガ麺』を味わってみた!

モリンガ麺箱

ユウトです。

旅先にご当地の麺料理があるとついつい食べてしまいませんか?

ラーメンだったら例えば、

  • 北海道の札幌ラーメン
  • 秋田の喜多方ラーメン
  • 福岡の博多ラーメン。

うどんだったら

  • 秋田の稲庭うどん
  • 三重の伊勢うどん
  • 香川の讃岐うどん

などなど。
地域色があってとっても面白いですよね。

今回はそんなご当地麺の、奄美のお話。

昨今、名物を作ろうと各地域が頑張っています。
奄美でもその流れがあるようで。

奄美群島の最南端、与論島で
おもしろい麺を見つけました。

それが

モリンガ麺箱

モリンガ麺であります。

……モリンガって何?

 

スーパーフード『モリンガ』が練り込まれたモリンガ麺

モリンガとは何か?
知らない人がほとんどのはず。

モリンガとは、ある植物の名前のことです。

では簡単にお勉強しましょう↓

モリンガ(ワサビノキ)

モリンガの樹学名:Moringa oleifera
英名:giant crape-myrtle
和名:ワサビノキ

モリンガはワサビノキ科ワサビノキ属に含まれる植物で、
モリンガとは属名から来る呼び名である。
日本では商品名としてもそのまま使われている。

10mを超える常緑広葉樹(気候によっては落葉したりもする)で、
原産はインド北西部のヒマラヤ南麓。
とても干ばつに強いのが特徴で、反対に霜や凍結には弱い。
したがって栽培は主に、熱帯から亜熱帯で行われている。

最大の生産国はインドで、その他ではアフリカやアジア、アメリカなど
暖かい地域で生産されている。

日本でも栽培が始められており、沖縄県や鹿児島県の与論島などで
栽培がされている。

モリンガはそのほとんどの部分を食べることができ、
実、根、花、葉などどの部分も有用。

中でも特に葉は栄養が豊富で、お茶にしたり粉末にしたりして
利用がされている。

と、簡単に紹介いたしました。

 

モリンガは地球上で最も栄養価の高い食べ物?

モリンガは栄養の豊富なスーパーフードとして注目が集まりつつある食べ物。

研究者の中には「地球上で最も栄養価の高い食べ物」と評価する人も
いるとかいないとか。

また少し話が違いますが、5000年もの歴史を持つ
インドの伝統医学アユールヴェーダでも
モリンガは「特別な植物」とされているそうです。

とにかく、モリンガがとても栄養のある食べ物であるということは
間違いのないことでしょう。

ちなみにもうすでにサプリ化をされていたり↓


無農薬・無化学肥料のモリンガ葉100%使用 モリンガサプリメント(1カプセル230mg×200カプセル)

 

いざ実食

そんなスーパーフードのモリンガがたっぷりと練り込まれた
与論島発のモリンガ麺。さっそくいただいてみましょう!

モリンガ麺箱の中

ふたを開けると、麺が納められています。
ボクが購入したのは5人分。麺は5玉入ってます。

箱には麺の他に、モリンガ麺の調理方法が書かれた紙と、
モリンガとは何かについて書かれた紙が同封されていました。

紙によると、モリンガ麺はパスタ風にしてみたり、
具材と炒めて焼きそば風にしてみたり、
普通のお蕎麦みたいにめんつゆで食べてもいいのだとか。

つまり、どんな食べ方をしてもよいということ。これは便利。

今回は紙にしたがって、焼きそば風でいただきます。

モリンガ麺茹で

まずは麺を茹でます。
たっぷりのお湯で3分、お湯の色がモリンガの色で緑に。

ゆであがったら麺を冷水で洗い、その間に
オリーブオイルで具材を炒めます。

レシピにしたがい、シンプルに具材はベーコンと玉ねぎ。
具材に火が通ったら、モリンガ麺を投入。

塩コショウで味付けをしたら……完成です。

モリンガ麺炒め

麺の色、すっごい。モリンガの緑色が目に来ること来ること。

さて、熱いうちにいただいてみましょうか。
果たしてどんな麺なのか……いただきます!

食べてみると……食感が、すっごいもちもち。

見た目で、なんとなくラーメンの麺みたいな食感を予想していたワタクシ。
うん、予想を裏切られましたね。

ラーメンというよりも、細いうどんを食べているような感覚。
また、つるりとした食感でもありません(これは炒めたせいなのかも)。

そして、食べているとほのかに香ってくる独特の香り。
これがモリンガの香りなんでしょうか?
野菜の青臭さ? とは違うようななんとも言えない香りが
鼻の奥に少しだけ感じます。

春菊みたいに食べるとガツンと来る風味は無いです。
選り好みもそんなにされないのではないでしょうか?

麺の味にもクセはなく、いたって普通の麺。
モリンガのせいで緑色なので驚きますが、
食べて嫌な気持ちになる人は少なそうです。

結論、モチモチで美味しかったです。

 

 

まとめ

ということで、与論島発のご当地麺、『モリンガ麺』をいただいてみました。

与論島のおみやげとしてこれからどんどんと知られていくことになりそうな
モリンガ麺。沖縄でもそのうち作られるようになるんでしょうかね?

まだ知名度の低いモリンガですが、スーパーフードであるならば、
世間が今後注目しないわけはありません。

芸能人の誰かが使っているだとか、大手メーカーが宣伝をして
タピオカ的ブームが来るのももしかしたら近いのでは?

それでなくとも、日本ではまだ珍しい南方の植物モリンガが
練り込まれたモリンガ麺は、与論島の良いおみやげです。

与論島を訪れたら、ぜひともおみやげにしてみたらいかがでしょう?

 

P.S.

お蕎麦屋さんもモリンガに注目し始めているようで。
こんなふうな商品も出しているお店も。
これからどんどん注目がされていきそうです。