富山

初心者必見、ホタルイカ捕りに必要な道具たち

ユウトです。

この時期の富山の風物詩、ホタルイカ。
最近はだいぶ有名になりました。

よく見る画像、とてもきれい。
今年は行ってみたいな~っていう人、多いのでは?

でもイカ捕りにはきちんとした装備が必要。

装備をしっかり揃えないと、捕りたくても捕れないことになります。

じゃあ、何がいるの? と思っているあなた!

何度も通ったボクが、必ず必要道具たち、あったら便利な道具たちを
紹介してあげちゃいます!

さあ、ホタルイカデビューだ!

あわせて読みたい
ボイルアップ
実録、新月のホタルイカ捕りチャレンジ! 結果は?ついに挑むぞ、富山の夜! 前に色々とホタルイカについて書いてきました。 今回はボクが実際にホタルイカ捕りへ行ってきたときの様...
あわせて読みたい
ボイルアップ
春の富山名物、ホタルイカ捕りの時期や場所、条件を紹介ユウトです。 今年はずいぶんと暖冬で、山では雪が積もりませんでしたね。 おかげでスキー場は大変な具合で、オープンしてない...
あわせて読みたい
【必読】これは守ろう、富山湾の宝石ホタルイカ捕りのマナー!ユウトです。 春が旬のホタルイカ、あなたはもう食べましたか? ホタルイカは富山、福井、鳥取や兵庫などが産地として有名で、 ...

 

ホタルイカ捕りに必要な道具

三種の神器編

たも網

とにもかくにもこれ。他は忘れてもこれは忘れるな!

網を忘れたら当たり前だけど何にもできません。
手で摑まえる? 無謀も良いところ。

安い虫網でもいいから、とにかく必須の道具です、

でも、この時期の富山は釣具屋に行けば
確実にたも網が置かれているので
ぶっちゃけ買っていかなくても事足りますけどね。

どんなたも網がいいの?

あなたがどのようなスタイルでホタルイカを狙うのかによって、
たも網は考えましょう。

例えば、「濡れたくない!」という人は堤防の上からなど、
陸地から狙うことになります。

そうなると海中までの距離が遠くなるので、
網の柄が長いものが必要になります。
堤防の上からとなると、数メートルクラスの柄が要ることも。

反対に海に入っても大丈夫という人は、
柄は長くなくてもあまり問題になりません。

でもどのようなスタイルであろうと、大切なことが1つ。

網の目は細かめの方が良いです

釣り用の網だと、網の目がかなり粗いものがあります。

あまり目が粗いと、イカがそこから逃げてしまうので注意しましょう。


サンライク(SANLIKE) 玉網 タモ網 折り畳み式 ワンタッチネット 伸縮式 3段階 調節可能 釣りネット すくい網 ランディングネット 軽量 淡水海水適用 釣り 網 漁具 110cm

 

ライト

三種の神器その2。これも無いと話にならない。

ホタルイカ捕りは夜に行います。なので周りは真っ暗。

ホタルイカは触腕が青く光ることで有名ですが、別にいつも光っているわけではない。
刺激を与えてようやく光ります。

なので暗い海中を泳いでいたらまず見つけられません。

ライトは彼らを探すのに必須の装備。必ず持っていきましょう。

 

どんなライトがいいの?

とにかく光の強いライトがオススメ

ホタルイカは海面だけでなく、海底にもいます。

光が弱いと、それらを見つけづらくなるのです。

あと、光の色も結構大事

個人的に、LEDライトに多い青白い色の光より、
黄色い電球色の物の方がホタルイカを見つけやすい気がします。

ライトはどんな形状でも大丈夫。手持ちでもいいし、ヘッドライトでも大丈夫。

ボクはヘッドライト派です。片手が空くのがいいですね。


懐中電灯 LED フラッシュライト 超高輝度 USB充電式 5モード 完全防水 1200ルーメン ハンディライト CREE XPL2 LED 軍用 強力 停電 防災対策, 充電池 18650 付き【五年保証】高品質


強力なLEDヘッドライト屋外防水USB充電登山、旅行、釣りライト、ズームヘッドライト本体

 

クーラーボックス

3種の神器その3。入れ物は大切。

ホタルイカは生もの。鮮度が大事。
あなたがもしも遠くから来るのなら、なおのこと大切です。

あと、袋とかにそのまま入れておいて、
何かの拍子に車内にこぼれてしまったら大惨事。

しっかり蓋のできて、安定感のある箱がオススメ。

また、ホタルイカを収納しやすいのも利点。
袋だと入り口がくにゃくにゃしてるので入れづらいです。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) クーラーボックス シエロ クーラーボックス35 M-8159 容量33L ブルー


コールマン クーラーボックス エクスカーションクーラー/16QT ブルー/ホワイト 2000027859

 

あると便利なもの

胴長

胴長があると自分に「最強感」を得られます。

前にも書きましたが、ホタルイカで砂浜に打ちあがったもの(身投げしたもの)は
食べない方がいいです。

理由は砂を噛んでしまっているからですね。

砂の噛んでいないイカを捕るには、波打ち際では難しい。
やはり海に入って捕るのが良い。

しかし濡れるのは嫌だし、何よりこの時期は海水が冷たくて寒い。
素足で入ると地獄です。

ボクは経験があるのですが、
素足でしばらく入っていると足先からしびれてきて、
最終的に感覚がなくなり、動かせなくなるのですごい辛い。

地元の大学生とかは結構素足で頑張っている人も多いけど、
車を運転して来た人は止めておきましょう。

帰るとき、確実に事故りますよ。


TideWe Chest Wader 棕色-8-日本

 

ブルーシートなど、車内に敷くもの

網やクーラーボックス。これらの道具は海水が付いて潮っぽくなります。

また砂も付いているのでジャリジャリです。

車内を汚さないために、これは用意しておきましょう。


アイリスオーヤマ ブルーシート #3000 厚手 防水仕様サビに強い 1.8m×1.8m ハトメ数8

 

大きめのビニール袋

必要な理由はブルーシートと同じ。網などを入れるために使います。
ある程度耐久性のあるものだと安心。
車内が大惨事になるリスクを減らせます。

何枚もたくさんセットになったゴミ袋が特にオススメ!


日本技研工業 ゴミ袋 ゴミ箱用アクセサリ 半透明 45L 日本技研工業 タフなゴミ袋 半透明 45L 50枚 ポリ袋 TA-5

 

手洗い用の水orウエットティッシュ

これ、結構必要になる場面があると思います。

近くに公衆トイレがある場所ならいいんですが、
無いと手が洗えません。

そのしょっぱい、生臭い手でハンドルを握りたいですか?

組んできた水でもいいし、コンビニのペットボトル水でもいい。
もしくはウエットティッシュでもOK。

とにかく手を綺麗にできるものを持っていきましょう。

 

服装について

防寒着、雨具は持っていこう

身を守る服は必ず持っていきましょう。

とにかく春の富山の海は寒い。風も冷たいし、気温も低い。

また防寒着はしっかり着ていきましょう。
暑ければ脱げばいいのです。

着られるものが無いのは辛いですよ?(経験済み)

くわえて雨具もあると良し。潮風で体が濡れるかもしれないし、
急に雨が降るかもしれない。
また、イカの体液が付いて服が汚れてしまうかも。

汚れてもいい、濡れてもいい雨具は着ていきましょう。

 

替えの服、靴下は持っていく

「絶対濡れないし、オレは大丈夫さ!」
って考えている奴ほど濡れます。

そうなったときに替えの服が無い。めちゃくちゃ辛いです。

替えの物を一式、最低でも靴下は持っていきましょう。
替えの靴も忘れずに。靴が浸水したりして足はたいてい濡れますよ。

 

 

まとめ

このように、意外と必要な装備はたくさんあります。

最低でも3種の神器、

  • たも網
  • ライト
  • クーラーボックス

これは必ず持っていきましょうね。

 

ホタルイカ捕りはとても面白い。
爆湧き(大量にホタルイカが発生すること)に当たったら
時間を忘れて捕り続けちゃいます。

でも、それはしっかり装備があってこそ。

また、何よりも自分の体が大切。身を守るためにも、

装備はキチンと整えて参戦しましょうね!

 

では、富山の海岸で会いましょう……。