鹿児島

手軽に鶏飯を家で食べるならこれが楽! 『ヤマア 鶏飯フリーズドライ』

鶏飯②

奄美の伝統料理と言えば、真っ先に思い浮かぶのは……

そう、鶏飯。
とりめしじゃないです。けいはんです。

鶏肉や錦糸卵、漬物などを白米の上に乗せ、その上からだし汁をかけていただくお料理。

鶏飯って最高に美味しい食べ物だと思うの。何杯でもいけちゃう。

事実、鹿児島空港にある鶏飯バイキングでは何杯も食べちゃいましたし(笑)

あわせて読みたい
大空食堂
【コスパ良し】鹿児島空港の鶏飯バイキングが素晴らしすぎた(値段も手ごろ)ユウトです。 九州は鹿児島。遠方からこの地に行くには 新幹線もしくは飛行機で行くのが普通。 ときには博多まで夜行バス……と...

ああ、鶏飯。また食べたいなあ。作るのも大変だし、
食べに行くなら奄美に行かないといけないし。

なんとかしてこの恋しさ、癒さないといけない。

そんな奄美ラバーズ(ボクのことかな?)のために、
実にいいものがあったのです。

これで次の奄美まで自分をもたせられるぞ!

 

 

ヤマア 鶏飯フリーズドライ

鶏飯①

それがこれ↑

ヤマアから販売の、フリーズドライの鶏飯です。

これ、ごはんにのっけてお湯をかければ速攻で鶏飯が食べられるという
夢のごとき食べ物。

中身は5人前入りでお値段は約1000円。一食当たり200円。

非常に手軽に鶏飯が食べられます。

保存も効くので、備蓄食にもよいものです。

中身は、

鶏飯②

これが5つ入ってます。
この中に、フリーズドライの鶏飯一食分が入っています。

 

いざ実食

ではさっそく食べてみましょう。
ごはんをよそって、その上にフリーズドライ鶏飯を乗せます。

鶏飯②

まだカチカチ。これにお湯をかけると、

鶏飯③

ふやけて、お出汁もそこから溶け出して、ごはん全体を鶏飯に仕上げてくれます。
(写真撮るの下手か

塊の中には、鶏肉の他に錦糸卵なども入っていて、食材もそこまで寂しくない。

さあ、では味はどうでしょうか、いただきます!

食べてみると……ああ、しっかりと鶏飯だ。

お出汁の味が、鶏飯に使われるお出汁の味を再現できています。

具材も鶏飯らしく、細切りでご飯やお出汁に絡みやすくなってます。

あまりたくさんのお湯をかけてしまうと味が薄くなってしまうのを注意すれば
しっかり美味しく鶏飯を食べられますね。

なによりも、簡単! お湯をかければ、はい、完成。

お茶漬け感覚で鶏飯を食べられるのは素晴らしい。

良いものです、ごちそうさまでした!

 

まとめ

というわけで、ヤマアの鶏飯フリーズドライを食べてみました。

これと似たような商品が奄美のおみやげとして売られてましたが、
「ああ、あれを買っておけば良かった!」
と後悔している人も大丈夫。

通販でも売ってますので、手軽に入手できますよ。

東京などの大都市に行けば、鶏飯を食べられるお店も多いでしょうが、
他の地域に住んでいれば、わざわざ鶏飯を食べに都市に出てくるというのも
なんだかアホらしい。

てか、それなら奄美に行くわい! てなことです。

これがあれば、簡単に気軽に鶏飯を食べられますから
奄美ロスになっている人、こいつを食べるのです……。

鶏飯食べたことないよ~って人も食べてみる価値あり。

鶏飯が如何なる料理か、その雰囲気を知れますよ。

お家で鶏飯、どうですか?

100個なんてとんでもない数だあ……。
お試しを!