地域

旨すぎ注意! 青源味噌の餃子の達人(餃子のたれ・旨い味噌だれ)が餃子に合いすぎる

栃木は宇都宮。別名を餃子王国と言います(自社調べ)

宇都宮に行って、餃子を食べないで帰る人はそうそういないでしょう。
「何しに行ってきたの?」なんて笑われてしまうかも。

ワタクシ、餃子大好き人間でござい。叶うなら餃子を食べ続けて生きていたい。

はい、そんなワタクシが、先日宇都宮に行ってきまして、
例にもれず餃子を食べまくってきました。

はい、最高でした。また行きます、宇都宮。

さて、そんな折、とあるお店に行きました。

味噌の会社が運営している餃子のお店、『青源』です。

普通の餃子は、ラー油と醤油、酢なんかを混ぜた付けダレにつけて食べます。

しかし、なんとここのお店は味噌ダレにつけて餃子を食べるのです。

ねぎがたっぷりと乗った餃子に特製の味噌ダレをかけて食べると……
これがたまらん。

味噌と餃子って、合うんですね。初めて知りました
(まあ醤油も味噌も同じ大豆由来なので味噌が合わないはずはないのですが)。

さて、そこで使った付けダレ。これが美味しかったなと思いまして。

当然、ほしいなあ~なんて思ったりしたわけで。

すると、なんということでしょう。

 

餃子の達人

 

おみやげで、売ってました(やったぜ)

 

源味噌の餃子の達人(餃子のたれ・旨い味噌だれ)

というわけで、お家でこいつを使って、宇都宮を感じながら餃子を食べましょう。

香りは、中華のドレッシングのそれに近い香り。
お酢が入ってるからでしょうね、餃子の脂っこさを流してくれる良きお供。

ちょっとこのタレだけで味わってみましょう。なめてみると……

酢醤油に、味噌が混ざり合ったさっぱりとした味わいです。

味噌を使っているから、もっとこってりというか、濃い味を想像していましたが
少し意外な感じ。

しかし味噌の存在もしっかり感じますよ! さらりとした液体ではなく、
どろっとした食感があるのは明らかに味噌のおかげ。

味噌の風味も酢醤油に負けずしっかりと鼻をくすぐってきます。

 

餃子にかければ、たまらない

餃子に味噌ダレ

では、餃子にかけて食べていきましょう。

写真だと目立たないけど、結構かかってます。
ドロッとした食感があると言いましたが、だからといって
すごくドロドロしているわけではないです。

餃子にかけると、結構餃子から流れ落ちていってしまいました(笑)

さて、ではいただきます!

うむ、やはり合う!

味噌の風味が、酢醤油だけではさっぱりとしすぎてしまうところを
いい感じに丸めてくれています。

ケンカすることなく、餃子の美味しさを引き立てくれるタレ。
素晴らしいものですね、味噌ダレ。

美味しくいただくことができました!

 

まとめ

というわけで、今回は源味噌の餃子の達人(餃子のたれ・旨い味噌だれ)を
食べてみました。

餃子×味噌ダレ=美味
という、新しい等式をボクに教えてくれた青源さん、ありがとうございました。

餃子といえばラー油入り酢醤油という、凝り固まっていてしまったボクの常識に
新しいものを運んできてくれた、良き出会いでした。

みなさんも宇都宮に行ったらどうぞ行ってみてください。

もし行けなくても、この味噌ダレをぜひ味わってほしいです。

きっと新しい餃子に出会えますよ。

青源味噌さんのリンクはこちら↓
http://www.aogen.co.jp/

 

というわけで、今回は終わり!