食事

トムヤムクンは2種類ある! トムヤムクン・ナムコンとナムサイの違いとは

トムヤムクン

タイ料理と聞くとほとんどのひとが思い浮かべるのがトムヤムクンのはず。

というよりも、トムヤムクン以外にタイ料理を知らないというのが正直は本音。

タイ料理って、他になにがあるのよ?って人が大半だと思います。

ボクも前まではそうでした。タイ料理に手を出してみて、他にも
たくさんの美味しい料理があるのを知りましたね。

あわせて読みたい
作るときはペーストが便利! 世界一の料理? のタイのマッサマンカレーの作り方とそのレシピ Photo by (c)Tomo.Yun もしこの記事を読んだ方の中で、その場所の生まれの人、または料理人の人など、より詳...

さて、ともかくタイ料理の代表であるトムヤムクン。
世界三大スープとも称される、世界に名だたるスープ料理です。

タイ語で

  • トム (ต้ม)→煮る
  • ヤム (ยำ)→混ぜる
  • クン (กุ้ง) →エビ

という意味であり、トムヤムクンとは
まさしくその料理のことを正しく説明した名前なのです。

酸っぱ辛い、アジアンエスニックな風味のスープに、
大きなエビなどの魚介の具材が入ったこの料理。

一口食べれば、なるほど、確かに世界三大スープの一角をなす料理であると思えます。

そんなトムヤムクンですが、
実は大きく分けて2種類あるのを知っていましたか?

 

 

2種類のトムヤムクン

東南アジアの料理にはパクチー(コリアンダー)が入ることが多く
トムヤムクンがいくら美味しいとは言っても
それにより人によっては好き嫌いの分かれることがあります。

しかしパクチーの有無以前に、味そのものが違う場合があるのです。

それが2種類のトムヤムクン。

トムヤムクン・ナムサイ

そして

トムヤムクン・ナムコン

なのです。

 

トムヤムクン・ナムサイ

まず、トムヤムクン・ナムサイ(以下ナムサイ)とはいったいなんなのか?

ナムサイとは、タイ語で「澄んだ水」を意味します。

その名の通り、スープの味はスッキリとした辛さと酸っぱさが特徴的です。
また、ハーブや素材の味をしっかり感じることができます。
風味や辛さ、酸っぱさをストレートに味わいたい人はこちらがきっと好みですね。

このナムサイが、トムヤムクンのオリジナルだと言われています。
スッキリとした味わいで、味の濃い目なタイ料理のおかずがたくさん並んでいるときは
ナムサイが出されることが多いのだとか。

ちなみに、タイ人の多くはこのスッキリとしているナムサイの方が好みらしいです。

タイ国内においては、ココナッツミルクをあまり使う習慣がない北部、東北部では

このナムサイが主流なんだそう。

 

 

トムヤムクン・ナムコン

一方でトムヤムクン・ナムコン。

ナムコンとはタイ語で「濃い水」を意味し、
その名の通り、スープにココナッツミルク・エバミルク・牛乳などを入れることで
こってりとした味わいに仕上げます。

このこってりとしたまろやかさが、トムヤムクン特有の辛さを少し和らげてくれます。
そのためか、欧米人や日本人、子どもたちにはナムコンの方が人気があるようです。

このナムコン、誕生にはいくつかの逸話があるのがおもしろい。

1つは、食通だったと言われるタイの国王、ラマ5世が欧州視察に行った際、
そこで食べたシチューに感動し

「タイのスープにもミルクを入れてみよう!」

と考え、作られたのがこのナムコンだと言われています。

また、中華系(華僑)がトムヤムクンに牛乳などを入れたのが最初という話もあります。

つまり、真相はナゾというわけ。

タイ国内においては、ココナッツミルクの原料であるココナッツが採れるためか、
中央部や南部でこのナムコンが食べられることが多いのだとか。

全国各地発、世界643路線に対応!海外格安航空券予約はトラベリスト

ナムコンとナムサイ、食べ比べてみよう

このように、一口でトムヤムクンと言っても
タイプの違う2種類のトムヤムクンがあるわけです。

もしタイ料理のお店に行くときがあったら、そのお店で出てくるトムヤムクンが
ナムコンなのか、ナムサイなのかを確かめてみるのも面白いかもですね。

お店ごとに、ナムコンが得意なお店やナムさんが得意なお店があります。
また、具材の種類も違ったりします。

自分はどちらのトムヤムクンが好きなのか。そして目の前のお店が出すトムヤムクンは
いったいどちらのトムヤムクンなのか。

その辺をリサーチ、してみてはどうでしょうか?

あわせて読みたい
地下は異国だったーー浜松町の「Roi khon(ロイコーン)」でタイ料理のランチ行き交う人は一期一会。 たった今通りすぎていった人とは、恐らくもう二度と会うことはない。 いろんな品物とかだって、「...

お店が近くに無いという人は、自分で作ってみるというのも一つの手。

便利なトムヤムクンを簡単に作れるペーストなんかも販売しているので、
それを使って作ってみるのも良いかと。
ナムコンはナムサイに牛乳系のものを加えればできあがりですからね。

というわけで、トムヤムクン・ナムコンとトムヤムクン・ナムサイ。

ぜひとも食べ比べてみてね。

 

ということで、今回はここまで。

終わり!