レビュー

サバの風味がグッド! カルディの『サバのリエット』が美味かった!

サバのリエット①

以前、カルディで鶏のリエットという缶詰を見つけて、
それを食べてみたことがありました。

意外にも味は○○のそっくり? リエットとは何ぞ? カルディコーヒーで見つけたリエットの缶詰の味はいかに

意外な味で、結構驚きましたね。

さて、そんなリエット缶のシリーズで、また一つ見つけたので今回はそちらを紹介。

今回は『サバのリエット』です。

 

 

サバのリエット

サバのリエット①

どんな味がするのかワクワクしながら、こちらがその『サバのリエット』です。

今回も風味は『瀬戸内レモン風味』。シリーズものだからでしょうかね。

さあ、中身はいったいどんなものなんでしょうか。いざ、オープン!

サバのリエット②

 

どうやら以前の『鶏のリエット』のものよりも、色はちょっと暗めですね。
やはりサバの身を使っているからですな。

匂いは、あまり変わらないように思えます。

さあ、味の方はどのような感じなんでしょうか?

 

 

いざ実食

さて、食べてみましょう。

いただきます!

 

スプーンですくい、食べてみると……サバの風味が、いい。

鶏のリエットは、やはり癖のない鶏肉を使っていたために風味の面では主張が弱く、
それゆえ食感が似ていることからシーチキンに近いものだと思えました。

このサバのリエットは、食感こそ近いものの、サバの風味によって
シーチキン感は少し薄いですね。

なにより、サバの風味が美味しい! この味付けに、サバの風味は
相性が良いと思えます。

パンに乗せて食べれば、さっぱりした味で口への運びが進みます。

なるほど、これはなかなかよいですね。

というわけで、ごちそうさまでした!

 

 

まとめ

さて、今回はカルディで販売中の『サバのリエット』を食べてみました。

鶏のリエットも今回のサバのリエットも、レモン風味なので
さっぱりとした味わいであるのは同じです。

しかしこちらにはサバの風味があり、これによって違う印象を
僕たちに与えてきます。しっかり差別化してますね。

朝食とかにぴったりに思えます。また、ちびちびとつまみながら
白ワインを飲んでみるというのも合うでしょうな。

お値段は税込み248円ととってもリーズナブル。
カロリーも1缶(90g)あたり201kcalです。

お魚大好き、サバ大好きって人、こっちのサバのリエットを食べてみては?