レビュー

見た目お新香だが味はキムチ! 水キムチとは ~KMT総選挙7品目~ (韓国農協)

いろんなキムチが世間にはたくさんあります。

製造するメーカーの数だけ製品があるわけで、
それぞれ違う味わいのキムチであるわけです。

でも、それらキムチには1つの共通点があります。辛くて赤いことです。

「何を当たり前なことを?」

キムチは赤くて辛いもの。そう、ボクたちのとってキムチという食べ物は

『赤くて辛い漬物』なのです。

赤くなくて辛くない漬物なんて、それはキムチではない……
もはやそう考える人も多いのではないだろうか?

しかし、赤くもなく、辛くもないキムチは存在しました。
『水キムチ』という名前で。

 

 

水キムチ(韓国農協)

水キムチ

 

思わずお店で見つけてしまったので手に取ってしまったこちらのキムチ。

韓国農協、100%KOREANと書かれています。韓国から輸入した代物で、
確かにボクもこれまで見たことがないキムチです。

瓶の中には白菜の姿が見えますが、その色は全く赤くない。
透明な液体に白菜が揺れています。

 

そもそも水キムチとは

そもそも水キムチとは何なのか。普通のキムチとは何が違うのか。
ボクも知らなかったので、調べてみました。

水キムチは、韓国の家庭で日常的に食べられている漬物の1つで、日本のお新香や
ぬか漬けに近い存在。韓国語で『ムルギムチ』などと呼ばれています。

唐辛子を使わず、とても汁気が多いのが特徴。作り方として、
コメのとぎ汁などを使い、乳酸菌による乳酸発酵をさせます。

またこの汁は栄養満点で程よい酸味があり、韓国冷麺のスープの素の1つにも
なっています。

そして、キムチと名乗っていはしても、そのビジュアルは全く赤くないものです。
本当にお新香と見間違えてしまいそうです。

ちなみに結構簡単に水キムチは作れるそうなので、興味のある人は作ってみても
面白いかも。こちらのサイトで、韓国料理専門店のシェフの方が水キムチのレシピを
教えてくれています↓

https://mi-journey.jp/foodie/39883/

 

中身を見てみた

さて、今回手に入れた水キムチをさっそく食べてみましょう。

蓋を開け、お皿に出してみました↓

 

水キムチの中身

 

見た目こんな感じ。本当に、お新香そのものです。

キムチなのを隠して人前に出したら誰もこれがキムチだなんて思わないでしょうな。

しかし、ボクが知っているいわゆる『キムチ』じゃないのは見た目だけ。
匂いを嗅いでみると、しっかりとボクも知っているキムチの独特な匂いがします。

でも唐辛子を使っていないので、辛さによる鼻にツンとくる感じはありません。

 

いざ実食

さて、気になるのはそのお味。さて、いったいどんな味がするのか。

さっそく、いただきます!

食べてみると……あ、キムチだこれ。

見た目が完全にお新香なので、味をお新香みたいなものなんじゃないかと勝手に
思っちゃってましたが、いいえ、そんなことなかった。

こいつはキムチですわ、間違いない。

辛みのないキムチ。これですな。ボクらがよく知っているキムチの味がありますね?
あそこから、何口も食べていると口の中に残り始める辛みを取り除いたものが、
水キムチの味です。辛いのが苦手な人も、安心して食べられますな。

イメージで完全にお新香なので、味のギャップに逆に驚いてしまいました(笑)

 

普段のキムチと比べて漬けタレで漬け込んでいないからか、かなりあっさり、
さっぱりとした印象。

キムチってものによっては漬けタレが濃いので、口の中にかなり残ってしまう時が
あります。しかし水キムチにはそれがなく、口の中は食べ終わってもすっきりと
しています。

酸味はあまり強くないです。これはもしかしたら購入したてで、発酵がそこまで
進んでいないからかもしれないですな。

でも、個人的にこのくらいの漬かり具合が好み。すっぱいキムチが好きな人は
少し時間が経ってから食べるといいかも。

結論、美味しい。ごちそうさまでした。

 

 

まとめ

というわけで、今回は水キムチを食べてみました。

 

 

見た目が知っているキムチと全然違うので、どんな味なのかちょっとドキドキでしたが、
心配ご無用、信頼と安心のキムチの美味しさでした。

漬け汁は韓国冷麺のスープの材料として使えるとのことなので、これで韓国のスープを
今度作ってみようかな。漬物の汁ってなにかと残しがちだけど、水キムチの漬け汁は
栄養満点なのでちゃんと使おうね。

「こんなの、キムチじゃない!」

そのあっさりした見た目から、人によっては『これじゃない感』がありそう。
でもちゃんとキムチをしているので、偏見持たずに食べてみてください。

ちょっとレアなキムチかもだけど、お店で見つけたら一度、手に取ってみては?

また、さっきも言いましたが意外と簡単に作れる水キムチ。一緒に漬けるだけで
簡単に水キムチの作れる素もありますので、それも使ってみてはどうでしょうかね。

 

というわけで、今回は以上!