地域

山に1ミリも登らなくても山で飲むコーヒーのうまさは異常 『米山ガーデン』

こんにちは、ユウトです。

 

山で飲むコーヒーはなんであんなにおいしいのだ?

 

まったく困ったやつだぜ、たまらずおかわりしちまったよ。

 

山で飲むものは、べつにジュースでもお茶でもいい。

でも、なんだがコーヒーが一番しっくりきて、一番うまく飲める。

これはどういうことなんだろう。

 

石塚真一氏の漫画作品『岳 みんなの山』でも、

主人公の島崎三歩がよくコーヒーを飲んでいる姿が見られる。

 

画像引用元:http://www.kimame.net/coffee/2938

 

なんだか

登山家の飲み物=コーヒー

そんな等式が成り立っちゃう(ちなみに2番目の飲み物はお酒)。

 

いったいいつから登山にはコーヒーとなったでしょうね。

そしてどうしてあんなにも美味しいのか……ううむ、不思議。

 

 

でも、今回はボクは、

やっぱり山ではコーヒーだなと実感できました。

しかも山を登らずにね!

 

 

山登る気が失せたのでフラれ続きのレストランに入った

実は今新潟に帰還してまして。

で、今日に昼間に、ちょっと近くの山である米山に登ってこようとしたんです。

 

米山は中越と上越の境目にそびえる標高992mの山。

お手軽に登れる山で、これまでも何回か登ったことがある。

 

が、安定のお寝坊をやらかしましてね、山に着いたときには

もうお昼時だったの巻

 

山登ラーとしては何という失態……まあわたくし、にわかなんですが。

 

まあそんなわけで、今から登るのも時間がないなあと思ってたところ。

そういえば本日2018年10月13日は土曜だったのを思い出したボク。

で、この山のふもとには土日しか空いてないレストランがあって。

 

これまでも訪れたことはあるんだけど、曜日のせいであえなく惨敗。

本日ようやく来店が叶うことになりました。

 

 

それがこちらの『米山ガーデン』

 

とてもいい雰囲気。さっそく入店なり。

 

入ると、「登山してきたの?」とお店のおばさんに尋ねられる。

とっさに

「いえ、これから登ります」

と言ってしまった……すいません、嘘つきました。登りません……。

 

でもまあ、「コーヒー飲んでく?」と勧められたので即座に注文。

やっぱり飲み物はコーヒー。山=コーヒーの妥当性が際立つ。

 

少し待っていると注文が届く。

 

コーヒーセット 800円

 

ああ、ステキなセット……これは見ただけで美味いと確信。

 

コーヒーの湯気に乗って、香りが鼻へと届く。いい香りだ。

 

 

やっぱり山で飲むコーヒーは最高

さっそくひと口……ああ、やっぱり美味い。

家でもコーヒーは飲むが、断然こちらの方が美味しい。

もちろん入れる人の腕もあるだろう。

でもはやはり、この雰囲気が美味しさを割り増しにしているのだ。

 

山の景色を見て、日差しを浴びて、風を感じて。

自然を味わいながら、同時にコーヒーを味わう。

自然の味が、コーヒーをさらに美味しくしているのだ。

 

お茶やジュースでは出せない、ガツンとした香りと味わい。

自然の味に負けない風味を持つから、コーヒーは山にしっくりくるのだ。

 

なんて、ちょっとかっこいい表現を思い浮かべつつ

優雅なコーヒータイムを、自分に若干酔いながら過ごしてました(笑)。

 

セットで出てきたチーズケーキもたまらない。

苦いコーヒーと甘いケーキとの相性は最高やね!

あれ、だんだんと普通のカフェタイムになってた(笑)

 

まあ、美味しかったのでベリーグッドです。ごちそうさまでした。

 

 

なんだか、お茶やジュースは実内で飲むのがしっくりくるけど、

コーヒーは外でもいけるオールマイティーな飲み物だよね。

 

ほんと、山とコーヒーって不思議な関係。でもとってもいいコンビ。

でも結局どうして山ではコーヒーなのか、確かな答えは得られてないまま。

結局単純に、「美味しいからいっか!」って思ってしまった(笑)

 

誰か教えてくれる方はいませんか? ぜひとも教えてください!

 

それでは今回はここまで。ではさようなら~。